Top > トヨタの初代セリカについて

トヨタの初代セリカについて


2000(H12) トヨタ セリカ SS-【お買い得車市場対象車両】

 

トヨタの初代セリカですが、高級感があふれたラグジュアリー感を売りにしたものであり、その当時発売されていた日産の車を、このセリカでトヨタは猛追し、そして北米市場に、スープラの名称で輸出しました。

トヨタの初代セリカの内装は、エンジ色でありその内装で、高級感があふれるようになっていました。グレーの内装よりもエンジ色を利用することによって、確かに多くの人は、その高級感を感じたようです。

トヨタのセリカはその点も考えて内装を行い、そしてその外観も高級車らしいものに仕上げていました。そういった点からも、セリカは初代だけでなく、二代目も無事にトヨタから発売されていて、初代も二代目も前期、後期とマイナーチェンジを行ったものが発売されています。

20年以上も経った今でも、トヨタのセリカの支持率があるのは、その当時から今も変わらない初代セリカの高級感、そして今の時代では、オールドでレトロなその高級感が支持されているからだということが分かりますね。

 カップル 旅行  北欧インテリア  ODL Japan  インヴァスト証券
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
トヨタで発売されたセリカ(2009年8月11日)
トヨタの初代セリカについて(2009年8月11日)
トヨタの2代目セリカ(2009年8月11日)
トヨタのセリカの魅力(2009年8月11日)
トヨタのセリカの購入(2009年8月11日)